在宅ワーク~アンケートサイトでお小遣い稼ぎ!!

 ☆おすすめアンケートサイト(バナークリックで詳しく紹介!!)

☆マクロミル:換金トップクラス★ライフメディア:新着多数 ☆楽天リサーチ:カードとコラボ ★リサーチパネル:アンケート多 ☆Qモニター:50Pから換金
マクロミルへ登録 ライフメディアへ登録
$2,000円/月換金   $1,000円/月換金  $3,000円/月換金   $1,000円/月換金   $900円/月換金

在宅ワーク~ポイントサイトでお小遣い稼ぎ!!

 ☆おすすめポイントサイト(バナークリックで詳しく紹介!!)

☆ECナビ:日々貯まる★ハピタス:お買物ポイント大☆げん玉:管理人一押 ★モッピー:ポイント単価大 ☆Gポイント:リードメール多し
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス モッピー!お金がたまるポイントサイト Gポイント
$1,800円/月換金   $800円/月換金    $900円/月換金   $1,000円/月換金  $500円/月換金

「★SEO対策、その他 」カテゴリ記事一覧


Wordpressテーマ更新の影響をもろに受けたブログの末路(その2)~テーマ変えるなら検索下落は覚悟

Wordpressテーマ


Wordpressとテーマの相性はとっても重要!へたするとブログが破壊される!

こんにちは!ke1roです。今回の話は前回記事↓の続きになります。

>> Wordpressテーマ更新の影響をもろに受けたブログの末路(その1)~テーマは簡単に選んではいけない

前回記事の内容をざっと書くと↓こんな感じ!

①:Wordpressが自動アップデートされた段階で、使っているテーマとの相性が合わず、ブログ自体が他人様のブログか?みたいに思えるほど形を留めていないのが判明!

②:これを直すべくWordpressのバージョンダウンとテーマの再インストールをするも直らない!(もちろんプラグインをすべて外してもだ)

③:どちらも最新バージョンで試しても、どこかにキャッシュが残っているみたいで一向に改善されない。

④:普通はstyle.cssをいじくれば多少良くはなるけど、使っているテーマがブログを装飾するstyle.css(親テーマ)自体を公表していないため、何が原因か分からず直すに直せない。

⑤:データベースをもうひとつ作って、そちらにすべてのデータを移せば直る気もするが、それ自体が面倒でたまらない!

んで、結局このテーマを捨てて、寝ログで有名なわいひらさんのWordpressテーマ「Cocoon」に変更したらすべて直った!

・・・てなところまで書いています。

無事にブログのWordpressテーマを「Cocoon」に変更し、やれやれと思っていたが、それからすごいことになっています。

テーマを変えた途端、Googleの検索からブログタイトルで検索しても検索に出てこない!このブログがGoogle検索からほぼほぼ消え掛ける状態になってしまいました。

決してCocoonが悪いわけではありません。このテーマはSEO上最強です。

Wordpressテーマ変更の影響をもろに受けた!はてさてGoogle検索順位は如何に!

よくブログを運営されている方で、ぱっと見きれいなテーマ(テンプレート)を見つけると、ちゃちゃっと変えちゃう方がいますが、これはやっぱりまずいですよ。

ネット上ではWordpressテーマ(テンプレート)を変えると悪影響が出る!とよく書かれていますが、これはやっぱり正しいですね。(うん!正しい)

テーマ(テンプレート)を変えても影響なんてない!と思っている方は、たぶんサチコを見ていないんでしょう。でもね!実際はこんなに下落するんですよ。

検索順位

あっ!無料ブログ(テンプレート)でも同じ結果になると思いますよ。

ただ無料ブログはサブドメインなので、運営会社のドメインパワーの関係でここまでは下がらない気もしますけど、いずれにせよ何らかの影響を受けることは間違いないですね。

私の場合はブログがぶっ壊れて、病むに止まれず変えたわけだから、この下落はある程度想定済みでした。

が、それにしてもこれほどとは思いませんでした。グラフのとおり、ものすごい下落状況ですよね。

11月10日くらいにWordpressテーマを「Cocoon」に変えていますが、ブログタイトルで検索してもいきなり15番目くらいまで落ち込んでいます。

そこで数記事追加して、サチコ(サーチコンソール)に記事追加をUPして少しは回復したけど、それも及ばず12月1日には46位まで飛ばされています。

ここまで下がると手動ペナルティか?とは思うけど、メッセージは出ていないし、もしかして本当のペナルティなのか?とも考えられる。

でもたかだかテーマを変えたくらいでペナルティはないだろう・・・

ここで私のブログの使用状況を言うと↓こんな感じ!

  • CMS:Wordpress
  • レンタルサーバー:ロリポップ!
  • ドメイン:独自ドメイン(ルート)お名前.com
  • ドメインエイジ:約3年
  • Wordpressテーマ:”r〇〇h〇〇〇〇g”からCocoonに変更

てな感じです。

検索についてもう少し書くと、このブログのドメインエイジはもう3年近くなっているので、それなりのドメインパワーはあるはずです。

それでもこんなに落ち込むんですからね。

もちろん、この検索順位はブログタイトルでの検索ですから、キーワード検索なんて箸にも棒にも引っ掛からないですよ。すべて圏外行きでした。(笑)

まー悪いことは言いません。もしテーマを変えるならこういったことを覚悟で変えた方が良いです。

私の場合、今やっとブログタイトルでの検索順位が2位まで回復していますが、テーマを変えたことで約1か月間、ほとんど検索から外されたようなものです。

アフィリエイトをやっている方なら、この間はほとんど無収入になりますよ。

Googleが見るWordpress上の独自ドメインのパワー評価が変わった気がしてならない!

ちょっと独自ドメインの話をしますが、独自ドメインはドメインエイジに左右されるのは今も昔もそんなに変わらないと思います。

新規取得の独自ドメインなんて、Googleからすれば目にも入らないだろうし、約半年から1年育ててやっと検索で上位に入ってくるってイメージは今も昔も変わりません。





>> お名前.com


SEOにしても今のWordpressテーマなら、どのテーマを使ってもほとんど僅差レベルでしかないし、検索に影響を与えるとすれば被リンクの多さが明暗を分ける感じになっています。

ホワイトハットでもブラックハットでも同じです。

ただ私が思うに、昔はWordpressで使う独自ドメインは、ある程度のドメインエイジさえ持っていれば、ブログを更新しなくても検索上位に居続けられるって感じでしたが、最近はこれが崩れ始めていると思います。

極端な話、今はドメインエイジが若くても検索上位に入り込むこともできるようになってきているし、更新しないブログは検索順位が駄々下がりになってきている感じです。

それはたぶん、Googleコアアップデートでのアルゴリズム変更の影響が大きいと感じます。

昔は記事の文字数の多さが評価されましたが、最近は文字数ではなく、どれだけ有意義な記事か!で評価される時代ですから、昔Googleから受けた評価は、今の時代では通用せず、検索でも下落しているんだと思います。

テーマ変えるなら検索下落は覚悟!(まとめ)

最近のGoogleのコアアップデートには本当に振り回されっぱなしです。

このコアアップデートで医療系、美容系のブログがどれだけ底に沈んだか・・・

稼いでいたブロガーの多くはブログの世界から足を洗った人もいるだろうし、すでにアフィリエイトはオワコンと評価している方も多いでしょう。

私もそのひとりかなぁ・・・ちょっとしたことでもGoogleは許さないし、その形が検索順位でやり返されます。

しかもサチコからは、”文字が小さい!”、”コンテンツが近すぎる!”といった迷惑とも取れるメッセージまで出されている。

さすがに疲れますね!これって。

まーちょっと愚痴っぽくなりましたが、Googleに評価されるためには有意義な記事を書くこと!・・・ブログの世界で生き残るにはそれに尽きるのかなぁと思います。

ではでは、今年も良い年でありますように!
from Ke1ro








Wordpressテーマ更新の影響をもろに受けたブログの末路(その1)~テーマは簡単に選んではいけない

記事コピペ

恐るべしWordpressの更新とテーマのアップデート~ブログがWordpress更新で破壊された!

こんにちは!ke1roです。今回の話はブログ運営者なら知っておいた方が良いかもしんない、”Wordpressとテーマの相性ってやっぱあるんだなぁっ!”て話です。



書く内容が雑多で多すぎるので2回に分けて書く予定!今回の記事はその第1回目にあたります。

さてさて古い話で恐縮ですが、去る11月初旬にWordpressのバージョンが5.3.〇にアップデートされましたが、これでテーマに影響を受けた人って何人かいるんではないか?と思います。

私はもろにこの影響を受けていて、最終的にこのテーマを捨てることにしました。

私のブログがオジャンになった経緯を話すと以下のとおり!

Wordpressの場合、管理画面で更新を自動に設定していると、勝手にアップデートしてくれて手間が省けるのですが、この”勝手に!”というのがくせ者!

通常はアップデートする前にバックアップなり何なりするのですが、ほとんどの方はバックアップなんて取ってはいませんよね。

私もその一人ですが、これの偉大さをマジマジと思い知らされる出来事が起きてしまいました。

190101over1T.jpg


とある日、メールを開くとWordpressの自動アップデート完了を告げるメールが入っていたので、何気にWordpressの管理画面に入ってブログを表示させると何やらおかしい!

それはそれはおぞましゅうもので、ブログとしての形になっていない、ブログにICBMでもぶち込まれたかのようなバラバラの表示になっていました。(笑)

はておかしい・・・今回のWordpressのアップデートはプチアップなので、そんなに大きな変更はないはず・・・

が、明らかにブログは形を留めていない。

まずグローバルナビのプルダウンメニューがすべてオープン表示されていて、しかも文字がめちゃくちゃ大きい。(たぶん23PXくらい)

次にサイドバーが下に飛んでいて、しかもCTA広告が表示されていない。ヘッダーも表示されていない・・・(/divの閉じ忘れとかそんな安っぽいのが原因ではない)

かろうじてブログタイトルがお情け程度で定位置にあるって感じです。

ぱっと見て原因は、”Wordpressアップデートとテーマの相性が原因!”というのは誰でも分かる話です。

さてさてこの原因を解明するべく私が取った行動は以下のとおりです。

Wordpressのバージョンダウンするも直らずテーマを再アップしても変わらん!

まず”どうしてこうなったのか!”の原因を探るのが先決!

そこで一番最初に見るのはPHPのバージョン!現在は7.3・・・これは大丈夫。

次に見るのがプラグインとの相性・・・すべてのプラグインを停止しても一向に直る気配はない!

その次に見るのがstyle.cssの設定!(子テーマ)

functions.phpも多少いじくっているが、特に被るものはないし、style.cssは自分で書いているので、どこがどう変わっているのかはすぐに分かる。でも異常はない・・・

この段階までくるともう打つ手がない・・・

Wordpressのダウングレードとテーマの再インストールじゃあぁぁぁ~

こういった場合の対処は、FTPソフトを使ってWordpressをすべて更新前のバージョンに戻すのが手っ取り早い!(私はFFFTPを使っています)

Wordpressの旧バージョンでは問題なかったわけだから、古いのに戻して直れば原因はWordpressのバージョンアップによるもの!というのが分かる。

が、ダウングレードしても、どこかにキャッシュ(みたいなもの)が残っているのか、ぶち壊れ具合は何も変わらない!

次にテーマの再インストール・・・これがまずかった!本来はWordpressが正常に動いていた状態で原因を探るべき!

なのに私はちょうど使っている無料テーマのアップデート版が出ていたので、安易に新バージョンで再インストール・・・子テーマはそのまま。

すると若干は改善されたが、見るも無残な表示には変わりはない・・・もちろんその後にWordpressとテーマをともに最新バージョンで試してみてもだ!

この段階でほぼクリーンインストールになっている・・・とは思うものの、WordPressの設定情報やプラグインなどの設定情報は、サーバーのMYSQLデータベース内にあるので、普通はプラグインでしか触れない。

さてどうしたもんか・・・

ここでke1roは考えた!

まず表示の乱れのほとんどの原因はstyle.cssにあること!そしてプラグインとの相性!・・・最後にテーマ本体のCMSとしての構文にある。

各ファイルの構文(親テーマ)はいじくれない(自分では分からない)わけだし、style.cssは必要最小限しか書いていなくてもこんな状況だと、このテーマは自分では直せないのでもう使えない!ということになる。

style.css(子テーマ側)の記述を最小限にしても直らないのであれば、親テーマのstyle.cssに問題があるのでは?と普通は考える。誰でも考える!

ただまずいことに、私の使っているテーマは親テーマのstyle.cssは公開されていない!(このファイルを開いても何も書かれていない)

すべて内部処理されているやっかいなテーマだ!

試しにブログの記述方法をGoogle Chromeの検証で調べてみると、エラーだらけで、もうどこから波及してこうなっているのかが分からない状態!

こうなるともうお手上げだ!

疑うべきはWordpressとテーマの相性!

Wordpressは月に1~2回ほど最新版が出ますが、これに対してテーマの更新が追いついていないってのが原因だろう。

それしか考えられないし、更新にテーマが対応しきれていない・・・つまり更新におけるデザインレビューができていないのが原因だと思う。(無料テーマなので文句は言えないが)

一部暴露しますが、私が使っているWordpressテーマは”r〇〇h〇〇〇〇g”というもので、テーマ本体は無料だけど、ブログを装飾するstyle.cssは別売で提供しているやつです。

テーマ自体がどのclass付けで動いているのかも、内部をいろいろ調べてやっと分かるくらいcssは公表はされていない。(まー商売ですからこれも仕方なし)

しかもこのテーマは同じようなプラグインをメチャクチャ使っていて、それを内部でなんだかんだといじくって形にするテーマだ。

もちろんプラグインと各内部ファイルのダブりがあるので、このテーマを使っているユーザーの中にはトラブルで悩まされている人をよく見かける。

プラグインも結局PHPのひとつなので、どうせならプラグインではなく内部に実装すればいいのになぁ・・・

Wordpressとテーマの相性ってこれなんですよ。

結局このWordpressテーマは捨てたけどさらに大変なことが起こった!

このWordpressテーマは結局使えない!見た目がきれいなだけに非常に残念だ!

使うにしてもカスタムがデリケートだし、内部構造が公表されていないしで、Wordpressの更新毎に何かしらのトラブルが発生する。

てなことで、Wordpressのテーマを寝ログで有名なわいひらさんのCocoonに変更したら、すべて直った!(もち!CSSはいじくりましたけど)

ただこのCocoonに変更したことで、後に大変なことになっています。

Cocoonに変更したことでGoogle神が怒りを爆発させてしまったんだよなぁ。最悪だよ!やっぱ・・・

あっ!Cocoonが悪いわけではありません。

長くなったので次の記事で詳しくお話ししますが、テーマ選びとテーマの変更はやっぱり、検索順位の低下リスクありありです。

*ヒント:ブログタイトル検索でほぼ圏外に飛ばされました。(笑)

では後日お会いしましょう。








違法コピペブログに記事をパクられ続けている(その2)~もうげんなりするなぁ

記事コピペ

最近、違法コピペブログが増えてきたような気がする!

こんにちは!ke1roです。今回の話はブログ運営者なら他人ごとではない話!

まー今回の記事も愚痴になってしまいますが、前回の記事に続き、私の別ブログ(Wordpressで作ったやつ)がまたまた違法コピペブログにパクられてしまいましたね。

パクられたブログは、あるカテゴリ分野に特化した、言わば”特化ブログ!”ってやつで、1記事書くのに10時間・・・ヘタすると2日くらい掛けて書いているくらいの長文ブログ!

1記事の文字数が5,000~8,000文字で、いろいろ調べて間違いがないかを確認して、画像も組み込んで書いているから、そんだけ掛かるわけですよ。

そんだけ時間をかけて書き上げた記事って、投稿した段階で”もう飽きた!”って感じと、書き上げた達成感みたいなものが交錯するけど、私からすれば毎回集大成みたいなもの。

そうやって苦労して書いた記事を横からかっさらっていくアホな奴がいるわけですよ。

最近多いよなー・・・こういった記事パクリ被害って。

>> お名前.com


世の中には良からぬ人間はやはりいる!

そうやって書き上げた記事をしっかりとパクって、自分のパクリブログに、いけしゃーしゃーと、”はい!私が記事を書きました~!”みたいな感じで貼り付けて投稿している愚な人間がいるわけです。

パクリ記事の被害者は私だけではない!かなりの数のブロガーが被害に遭っている。

んで、よく良くパクリブログの記事を見ると、どこかで見掛けた記事タイトルがずらずらと並んでいる。(まったく同じ記事タイトルなんだよね・・・アホか)

そこでいろいろと調べたら、ブログ村やブログランキングにまったく同じ記事が載っているでねーの。(笑)

画像リンクやASPのURLリンクも、パクられたブログのまんまが貼り付けられているし、記事タイトルもまったく一緒!記事の中身も1文字違わずまったく一緒。(笑)

そこまで明から様にやるか?・・・頭おかしいんじゃねーのかなぁ・・・

>> ロリポップ!


パクリ記事の被害者の多くはブログ村やブログランキング登録者!

パクリブログのカテゴリのほとんどは雑記ブログ!

なのでパクる記事カテゴリは関係ない!どんな分野のカテゴリでもパクリブログに載せられるわけ!

子育てブログだったり、100均ブログ、はたまたインテリアブログや雑貨ブログ、コスメブログ!極めつけ、お小遣いブログの記事までパクッてやがる。

パクリ記事の記事タイトルは、被害ブログの記事タイトルとまったく同じなので、Googleで検索掛ければ一発で分かるんですよ~。



こんだけいろんなカテゴリで、パクリ記事を見つけるのって大変だと思うよ・・・というかよくやるよなぁ!ある意味スゴいよ。

その情報源となっているのが、ブログ村やブログランキングなどのランキングサイトってわけ。

そうなるとパクリ記事の絞り込みは簡単だよね!ランキングサイトで上位にランクされているブログ記事をパクれば良いだけだからね。

お小遣いブログも例外じゃないですよ。

気になる方は、一度自分で書き上げた記事タイトルをGoogleで検索してみてください。

もし自分のURLじゃなかったらパクられている!って証拠です。

>> ムームードメイン


パクリ記事の手口がうまいかヘタか良く分からない!

まずパクリブログは、パクる記事のソースをコピペする方法を取っている。

やり方は簡単だ!

Google Chromeであれば、パクリ記事にマウスを載せて、右クリックすれば”ページのソースを表示”というのが出てくる。

それをクリックして記事ソースが表示されれば、それを全コピーして自分のブログに貼り付けるだけで、パクリ記事の出来上がり!ってわけです。

カップラーメンが出来上がるインスタントな時間より早くできるよ。

ただ今回のこいつ(犯人)はちょっと手が込んでいる!

今回のパクリ記事は、投稿日付をパクったブログ記事より1日早い投稿日にして、パクリ記事をUPする姑息な手で記事をUPしている。

投稿日だけを見れば、”おい!どっちがオリジナル記事だ?”ってことになるわけですよ。

ただGoogleも馬鹿じゃないよね!

日付が早くっても、パクられたオリジナル記事はもうGoogleにインデックスされているはずだから、たぶんGoogleにはバレバレだよね。

それに私の場合は、サチコ(Googleサーチコンソール)に、記事を書き上げた段階でインデックスさせているから、そりゃーもうバレバレでしょ!

これにしてもこのパクリブログ・・・アホなことにコメント欄は閉じていないんだよね。

どこまでバカなの?って感じですが、パクり方がうまいのかヘタなのか良くわからないよ!

>> お名前.com


パクリ記事撲滅!ブログ閲覧者がパクリを教えてくれた

実はこの記事パクリ騒動は自分で分かったわけではありません。

たぶん、私のブログの訪問者(Aさん)だと思うのですが、”あなたの記事がパクられていますよ~URLはこれ!”みたいな感じで教えてもらったんですよ。

このAさんも被害者のひとり!

んで、ブログ訪問者数名と何度かメールでやり取りして、”このブログを削除させよう!”という話になって、先にAさんが弁護士だ!訴訟だ!とコメント欄から攻撃を仕掛けたんだよね。

他にもパクられたブログの方から何人もコメントをもらっているので、たぶん攻撃を仕掛けたブロガーは複数人に上ったと思います。

私は出張とかがあったので、数日後に攻撃を仕掛けたら、攻撃を仕掛けた数分後に相手方(記事をパクった犯人)から謝罪メールが届き、数分後に私の記事はパクリブログから消えていました。

んで、次の日にそのパクリブログを見たら、レンタルサーバーからブログが丸ごと削除されていましたね。

でもこれって、データベースを丸ごと削除したってだけですから、頃合いを見てまたパクリをやると思います。

たぶん、こういった人はもう病気のような域で、このパクリ癖はもう治らないと思う。

また次どこかで行動を起こすはず!

こっちも、もう勘弁してくれよ・・・とは言わない!今後も見つけたらそれ相応の対処はする。

こっちはどこのサーバーを使っているかも分かっているし、仮にレンサバを変えても追及する・・・と今回の被害者メンバーと考えが一致しています。(被害者仲間は強し!)

使っているレンタルサーバーなんてすぐに調べられますよ。

>> エックスサーバー


パクリ記事は何のメリットもないよ!

こういう風に、人様の記事をパクりにパクって何の得があるんだろう。

運よくパクリブログに訪問者が来て、サイドバーにデカデカと貼った広告バナーをクリックしてくれるとでも思っているのかなぁ・・・

サイドバーなんて今どき誰も見ないよ!

それに自分で記事を書けないんなら、もうブログの世界から足を洗えよ!

ブログ荒らしもほどほど・・・じゃないやっちゃダメなんだよ。

まーこんな感じで解決はしましたが、実は私にはもうひとつパクられているブログがある!

さてどないしょ!お問い合わせもコメント欄も閉じてるしなぁ・・・

今回のこの記事!怒り心頭言葉で書いているので、気を悪くされた方もおられるでしょう。

非を詫びるとともに、今回も見逃してください。失礼しました。







ところで話は変わりますが、このASPに稼がせてもらっています。(いきなりです)

最近、「もしもアフィリエイト」の報酬が増え始めました。
稼いだ報酬の10%上乗せ支払いがやっぱうれしいです。


もしもアフィリエイト

「A8ネット」:知らない人はいない稼ぐ定番ASPです。
(ブログなしで自己アフィリから始められます)




A8.net


「アフィリエイトB(afb)」:ASP独占広告で高額報酬を狙うASPで有名です。

カンファレンスバナー
アフィリエイトB(アフィリエイトBはafbに名称変更しました)

参考になさって下さい!!
from ke1ro



にほんブログ村 小遣いブログへ
  頑張る力です。↑↑応援クリック↑↑お願いします。







続アフィリエイトの売り上げが下がっている原因!target="_blank"問題って今どうなった?





私が思う稼げなくなった原因を探る第2段!

こんにちは、ke1roです。

前回の記事で、この記事と似たようなことを書いていますが、その続きとして稼げなくなった原因を何項目か挙げてみます。

と言ってもtarget="_blank"問題だけですが。(笑)

さて、じゃ行こうか!

すべてのASPを震撼させたtarget="_blank"問題!

さてこのtarget="_blank"問題!

まず、target="_blank"って何?って話ですが、まーブログをやっている方ならこの言葉を知らない人はいないでしょう。

target="_blank"って、広告バナーをクリックしたとき、今見ている画面で広告サイトを開くか、別のウインドウで開くか!を制御するタグです。

見た目まったく同じ広告バナーですけど、同一画面か別ウインドウかは別にして、どちらも同じ広告主に飛びますよね。

ん?target="_blank"ありだと、広告主サイトに飛ばない?・・・それホント?

それなんですよね。このtarget="_blank"問題って。

この現象って、Andorid OS で Chromeを使っている方の一部に表れています。(これだけじゃないらしいけど)

まずね!広告バナーをクリックしても、広告主サイトに飛ばないんじゃ話にならんでしょ。クック―うんぬんの前に、広告主サイトが表示されないわけだからね。

まー私も初めは一部のOSとブラウザの組み合わせでそういったことが起きているので、そんなに影響はないだろう!ってタカをくくっていたんだよね。

でもまずいことに、このtarget="_blank"のタグを設定していると、セキュリティポイントを突かれて、不届き者にせっかく書いた記事が書き換えられる心配がある!ってことが判明したんだよね。

んで、各ASPが”これ一大事!”ってことで、このtarget="_blank"に対策を施したわけ!

じゃ各ASPがどういった対策を取ったか!って話ですが、それを各ASP毎に説明しますね。まずはこの言葉を理解してちょ。

■target=”_blank” とは・・
target=”_blank” が設定されているリンクをクリックすると、ページが別タブ・ウィンドウで開きます。

■noopenerとは・・
リンクに設定することで、新しいタブ・ウィンドウで開いたリンク先ページでJavascriptを使ったリンク元の参照ができなくなります。

■nofollowとは・・
リンクに設定することで「ページ評価の受け渡しの無効化」を行うことができます。

日本最大級のA8ネットのtarget="_blank"問題への対応!





たぶんちょっとでもアフィリエイトをかじっている方なら誰でも登録しているだろうA8.net


A8ネットは、今ではすべての広告バナー(テキスト含む)からtarget="_blank"を外しています。

じゃ今まで貼った広告バナーはどうなるの?ってことですが、今まで貼った広告バナーは今でも使える。

使えるけど”成果発生は保証できない!”ってことで、広告バナーの貼り替えや、今までの広告バナーからtarget="_blank"を外すように推奨しています。

タグの改変?・・・大丈夫!これは改変にあたらないし、逆にtarget="_blank"を再度追加して、その後にrel=”noopener”を追加するなどしても大丈夫・・・だと思う。(A8さんに確認して使ってください)

afb(アフィリエイトB)のtarget="_blank"問題への対応!


アフィリエイト情報

afb(アフィリエイトB)も、今ではアフィリエイトコードからtarget="_blank"を外しています。

これってA8ネットさんと同じですね。

もしtarget="_blank"を使いたいなら、再度追加して、その後にrel=”noopener”を追加することを推奨しています。

アクセストレードのtarget="_blank"問題への対応!


アフィリエイトのアクセストレード

アクセストレードも、今ではアフィリエイトコードからtarget="_blank"を外しています。

だたこのアナウンスがあったのが9月25日でしたが、A8ネットさんやafbのように、タグの改変についてはアナウンスがされていないようですね。

今までのアフィリエイトコードも使えるけど、もしタグを改変するんなら、サイトに確認した方が良いですね。

もしもアフィリエイトのtarget="_blank"問題への対応!




このもしもは分からない!自分でtarget="_blank"を外してもいいのか、タグを追加して良いやらも分からない!

”アフィリエイトリンクから「target="_blank"」の削除を推奨します!”って一度アナウンスがあったけどね。

ただ現在、アフィリエイトコードからはtarget="_blank"が外れている。

運営サイトに確認した方が良いよね!これって。

バリューコマースのtarget="_blank"問題への対応!




バリューコマースは、target="_blank"を外すことは良いみたいですが、rel=”noopener”などのタグ追加は認められていないみたいですね。

でもね!今アフィリエイトコードを見たら、target="_blank"が外れていないんだよね。

どゆこと?

レントラックスのtarget="_blank"問題への対応!


レントラックスさんは、リンクのtarget="_blank"は外さずに、target="_blank"の後にrel="noopener"を追加していますね。

これが一番正しいと私は思いますけど。

すべてのASPのtarget="_blank"改変方法に対応させるのは無理!

これって大変な話!

Wordpressなら、target="_blank"を外すプラグインを使ったり、functions.phpをちょろっといじくれば何とかなりそうだけどね。

でもこのプラグインにせよfunctions.phpにコードを追記するにせよ、target="_blank"を外さないレントラックスなどのタグも外れてしまうことになる。

ショートコードを使いまわしているアフィリエイトリンクならまだしも、最後の手段は一個一個タグを張り替える?・・・いずれにせよ、広告を改変するなら手作業が一番安心!ってことだよね。

たださ!このブログは約3,000記事もあるんだよね。

もうこれは無理っす。

最後に言いますと、私はtarget="_blank"を外さない派です。

ではでは!from ke1ro








アフィリエイトの売り上げが下がっている原因を整理してみた(前編)





アフィリエイターには厳しい世の中になったもんだ!

こんにちは、ke1roです。

最近、アフィリエイトの売り上げがジリジリと減ってきているので、”いったい何が原因なんだ?”ってことでちょっと整理してみました。

もちろんブログの更新頻度やGoogle大魔王の雷(いかずち)もあるけど、それだけじゃないよなぁ。

ということで、最近起きているアフィリエイターを悩ましている数項目について書いてみます。

ITP問題の影響はやっぱりあるなー!

まずはITP問題!

ITP問題を簡単に言うと、アフィリエイトリンクを踏んで商品サイトで商品が購入されても、Cookieが記録されない!という問題。(どひゃー)

iphoneとかmacなどのApple系ブラウザsafari上で、こういった問題が起きています。

このsafariに付いているトラッキング防止機能の影響で、Cookieがまったく記録されなかったり、24時間以内で消えたり、再訪問期間が3か月だったとしても1か月っで消える!って現象です。

Cookieが消えるんだったら、売れるものも売れないよね。しかもsafariってiphone使っている人がほとんどだよね。

iphoneって、日本で一番売れていない?私だってiphoneだしさ。

この問題で各ASPも、サードパーティークッキーからファーストパーティークッキーへと変えたりして対策を取っていますが、以前の環境のようなものに戻っていないのも事実!

とあるASPなんかは開き直って、再訪問期間が3か月だったとしても、クッキーを踏んだ94%の方が〇〇日で購入されているデータがある!って理由で、改善できないことを、さも正当化して言っているASPもある。

これは私の別ブログはかなりの影響を受けています。

私の別ブログはレアなものを扱っているので、クッキーを踏んだ段階では購入されず、ほとんどが2週間後とか1か月後に購入されています。

しかもその6、7割はiphoneからの購入です。

クッキーが間に合っていないってことだよね。その証拠に、商品クリック数はそんなに変わっていないですから。

AmazonのPA-API問題でカエレバからの収入が激減!

次はAmazonのPA-API問題!

これってご存じでしたか?AmazonのAPIって↓こんなもんです。
AmazonのPA-APIってこんなもん

リアルタイムでの価格更新や在庫情報、商品イメージ、カスタマーレビュー、商品の説明、「この商品を買った人はこんな商品も買っています」のリスト、売り上げランキングや獲得できるAmazonポイントデータなどを提供するプログラム

良く分からんでしょ。(笑)

PA-API問題って、Amazonアソシエイトで稼いでいないブログは、提供するプログラムの1日のリクエスト数に上限が課せられるってことで、売り上げがないと、そのうちまったく使えなくなる!ってことです。

この機能が使えないとなると、今までAPIがやってくれた売れ筋商品選別などを、今度は自分でAmazonサイトに行って、一番安い商品を見つけて、単独で広告を貼ることになるわけ。(私は”もしもアフィリエイト”で広告を貼っています)

Amazonアソシエイトさんは、Amazonアソシエイトの会員の中で、サーバー負荷を防ぐために、稼いでいる方に限定してこの機能を使えるように変えちゃったわけですよ。

もちろん私はAmazonアソシエイトの会員ではないですし、”もしもアフィリエイト”で運用していますから、このAPI取得には参加できません。

もしもでAmazon商品を売り上げても実績にならないからです。

私はカエレバを使っていますが、カエレバもPA-APIが使えないので、しょうがなく楽天APIを使っています。

ちなみにカエレバって↓こんな感じのものですが、これは楽天APIで動いています。



このAmazonのPA-APIって確か今年の初めに施行されたと思いましたが、案の定、私もこれの影響を受けて、やはりAmazonからの売り上げが激減しています。

といっても、所詮Amazonアソシエイトですから、報酬上限が1,000円だし、報酬は商品価格の数%です。

ぶっちゃけ、もともと稼げても月に5桁に届くかどうか!って感じでしたが、今ではこのPA-API問題で、ヘタすると4桁を切る月も出てきています。

「もしもアフィリエイト」の発生報酬がスゴい~あまりメジャーじゃないけどしっかり稼げるASP!!
って記事を書いた頃が懐かしい。

昨日なんて、もしも経由のAmazonの売り上げが2件で86円だもんな・・・

とは言え、ゼロよりはマシか。もしもさん!今後ともよろしくね。





ちょっと話が長くなってきたので、続きは後日。

たぶんtarget="_blank"問題と、9月に行われたGoogleコアアップデートの話になると思います。

話ついでにおすすめのASPのご紹介をします!

このASPに稼がせてもらっています。

「もしもアフィリエイト」の報酬の稼いだ報酬の10%上乗せ支払いがやっぱうれしいです。


もしもアフィリエイト

「A8ネット」:知らない人はいない稼ぐ定番ASPです。
(ブログなしで自己アフィリから始められます)




A8.net


「アフィリエイトB(afb)」:ASP独占広告で高額報酬を狙うASPで有名です。
ブログ審査がけっこう緩めなので誰でも通過できます。

カンファレンスバナー

アフィリエイトB(アフィリエイトBはafbに名称変更しました)

参考になさって下さい!!
from ke1ro








自己紹介

ke1ro

Author:ke1ro

人物:海とバイクと暇が大好き
   遊びたいサラリーマン!!
   詳しくはこちら!!
楽しみ:子供の成長と家族の幸せ
ガソリン代と高速代を稼ぐ!!

記事検索(キーワード)

  RSSフィード!
最新記事
楽天市場
月別アーカイブ
相互リンク
おすすめ人気商品